2011年03月01日

JAZZY DAZE III

Thank you for visiting this blog.
This blog is following leads to JAZZY DAZE III.
posted by WEE-JAY at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

the TEDDY TYLE QUINTET Moon Shot

teddytylequintet150x150.JPG(1950's?/Golden Crest CR 3060/USA) LP/reissue

見ていて楽しくなるジャケット♪ 昔のレコードのジャケットは味わい深くていいですね♪ クレジットされていませんが作りからするとフレッシュ・サウンド盤でしょうか。ギター入りのクインテット編成で、タイトル・トラックのみがリーダーのテディ・タイルのオリジナルで、あとは有名無名の月にちなんだ曲が集められています。タイルはブロードウェイのこのレーベルに『The Teddy Tyle Style Featuring Glenn Miller favorites』(CR-3059)、『The Teddy Tyle Style Featuring Tommy Dorsey favorites』(CR-3068)、『The Teddy Tyle Style featuring Big Band favorites』(CR-3080)と3枚のアルバムを残しています。これらのアルバム・タイトルから想像されるテナー・スタイルそのものといったスムーズなテナーが聴け、心休まります♪

SIDE 1:
1. Moonshot
2. Blue Moon
3. Monnsong
4. Monnlight On The Ganges
5. Magic Is The Moonlight
6. Carolina Moon
7. Moonlight Saving Time
SIDE 2:
1. Moonglow
2. Moon Over Miami
3. Moonlight Becomes You
4. The Moon Is Bleu
5. Monnlove
6. Moon of Manakoora
7. Moonlight and Roses

PERSONNEL
Teddy Tyle - Tenor Sax
Tony Gottuso - Guitar
Irv Dweir - Piano
Jack Zimmerman - Bass
Bobby Donaldson - Drums
posted by WEE-JAY at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950〜1959 Tenor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ALLAN GANLEY QUARTET featuring ART ELLEFSON The High Priest

allanganleyquartetthehighpriest150X150.jpg(1958/Saga ESGA 7010/UK) 7"EP

まずまずのコンディションでやってきたアラン・ガンリー・カルテット。SAGA というレーベルは初めてで、メンバーもほとんどが初めて見る名前でした。かろうじてピアノのスタン・ジョーンズだけどこかで名前を見かけたような記憶が・・・。アート・エレフソンのテナーの音色は柔らかく、スウィンギーな曲想によくマッチしています。お宝盤♪

SIDE 1
OPEN COUNTRY
BEAULIEU
SIDE 2
THE HIGH PRIEST
BLUE SKIES

DRUMS: ALLAN GANLEY
TEN. SAX: ART ELLEFSON
PIANO: STAN JONES
BASS: STAN WASSER
posted by WEE-JAY at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950〜1959 Other Instruments | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

ALLAN BOTSCHINSKY QUINTET

allanbotschinskyquintet150x150.JPG(1983/Stunt Records STULP 8301/Denmark) LP

前から欲しいナ〜と思っていた盤をやっと手に入れることができました♪ 仕事帰りに寄ったとある中古盤店で、ジャズのレコードを新着コーナーからチェックしたんですが目ぼしいものがなく、ダメ元でレギュラー盤も一応見ておくかとチェックし続けていたらボッチンスキーがこっちを見ていましたw さっそく針を落としてみると・・・ボッチンスキー以上に吹いているのではないかと思えるほど出番が多い若手のイングマルソン、自身がリーダーの叙情派トリオ作がピアノ・トリオ・ファンに強烈な印象を残しているクラウセンらを率いたモーダルな味わいのあるクインテット作はA4以外全曲ボッチンスキーのオリジナルで、期待を全く裏切らない出色の出来映え。CDRにして車の中でもヘヴィロテ中ですw

Side A:
Back Home Again
Little Chicsy
I've got another rythm
Autumn in New York

Side B:
Green and yellow
Mysterious lady
The Ballad
Samba sluk Efter

Allan Botschinsky Trumpet, fluegelhorn
Ove Ingmarsson Tenorsaxophone
Thomas Clausen Piano
Bo Stief Bass
Lennart Gruvstedt Drums

Recorded at mixed at Hookfarm Studios december, 1982
Produced by Allan Botschinsky
posted by WEE-JAY at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980〜1989 Trumpet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

MORE JAZZ AT COMBLAIN LA TOUR!

morejazzatcomblainlatour.JPG(1961/RCA LPM 10317/Italy ◎1991/Red Bird Records RB-103/Italy) LP

はじめて見かけたレコードだったので裏返してメンバーのクレジットを見たらビックリ! ダスコ・ゴイコヴィッチ、フラヴィオ・アンブロゼッティの各カルテット、バド・パウエル、ルネ・トーマ、テテ・モントリュー、ジャック・ヴァン・ポールの各トリオ等が収録されているじゃないですか! ベルギーのコンブラン・ラ・トゥールに於けるライブ(の続編)で、てっきりフレッシュ・サウンド盤かと思って購入したんですが、どうやらこれは Red Bird なるレーベルからの再発のようです。ゴイコヴィッチのカルテットはジョルジュ・グルンツ・トリオをバックに従え、8分49秒もの演奏で大満足。ジャック・ヴァン・ポールもこの時代の演奏を聴くのは始めてだったので嬉しかったです♪ A2のピアノはベント・アクセン

Side A
1. BUD POWEL TRIO - I Remember Clifford
2. AFN JAZZ ALL STARS - Georgia On My Mind
3. BENNY WATERS - St. James Infirmary
4. FLAVIO AMBROSETTI & tHE GEORGE GRUNTZ TRIO - Seremade For Patrick
5. DUSKO GOJKOVIC & THE GEORGE GRUNTZ TRIO - That's All
Side B
1. RENÉ THOMAS - All Morning Long
2. TETE MONTOLIOU - Billie's Bounce
3. JACK VAN POLL TRIO - Sweet Georgia Brown


Side A
1. BUD POWEL TRIO: Bud Powel, piano; Benoit Quersin, bass; José Bourguignon, drums
2. AFN JAZZ ALL STARS: Dave Simmons, mellophone; Bent Axen, piano; Harold Watson, bass; Charles F. Ralston, drums; Eldon Brooks, singer
3. BENNY WATERS: Benny Waters, tenorsax & clarinet; Alain Léscie, piano; Horst Meister, bass; Jürgen Salmen, drums
4. FLAVIO AMBROSETTI & THE GEORGE GRUNTZ TRIO: Flavio Ambrosetti, altosax; George Grunts, piano; K T. Seyer, bass; Eberhard Stengel, drums
5. DUSKO GOJKOVIC & THE GEORGE GRUNTZ TRIO: Dusko Gojkovic, trumpet; George Grunts, piano; K T. Seyer, bass; Eberhard Stengel, drums
Side B
1. RENÉ THOMAS: René Thomas, guitar; Benoit Quersin, bass; José Bourguignon, drums
2. TETE MONTOLIOU: Tete Montliou, piano; George Leclerc, bass; José Bourguignon, drums
3. JACK VAN POLL: Jack Van Poll, piano; Marcel Van Overbergh, bas; Buthc Peleman, drums
posted by WEE-JAY at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 1960〜1969 Group | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

ERROL PARKER TRIO pretext

errolparkertriopretext150x150.jpg(1965/Brunswick 10 664/France) 7"EP

同名のアルバムからの7"EPだったんですね。3曲ともパーカーのオリジナル。後にフリーに行くパーカーですが、ここではまだ純粋にジャズしています。

Pretext
Erroland
c/w
Improvisation Part I & II

Errol Parker, piano
Avec Ron Jefferson, dms
Roland Haynes, bass

Enregistré á Paris. les 20 & 21 janvier 1965
posted by WEE-JAY at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960〜1969 Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

HANS KOLLER'S NEW JAZZ STARS 1. Folge

hanskollersnewjazzstars1folge150x150.jpg(1958/Bertelsmann Schallplattenring 36 734/Germany) 7"EP

"Jazz Made In Germany"とあるジャケットのコンディションはあまりよくありませんでしたが、デザインがかっこ良かったので入手しました。やっぱりジャケットには奏者の演奏しているショットが一番映えますね。New Jazz Stars の'53年結成時のメンバーにはあのユタ・ヒップも居ました。トロンボーンはアルバート・マンゲルスドルフ。

Hard Blues
Back in Paradise
c/w
I'll close my eyes

Albert Mangelsdorff (tb)
Helmuth Reinhardt (bs)
Hans Hammerschmid (p)
Peter Trunk (b)
Rudi Sehring (g)
Hans Koller (ts)
posted by WEE-JAY at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950〜1959 Tenor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

KLAUS DOLDINGER QUARTETT + AFRO CUBAN Bossa Nova

klausdoldingerquartettafrocuban150x150.jpg(1962/Philips 423 451 PE) 7"EP

カルテットにパーカッションとギターをプラスしてのセクステット編成ですが、あまりにもリヴァーブがたっぷりとかけられた録音のため、各楽器の分離はイマイチといったところです。ドルディンガーの奥にオルガンのホフマン、というショットを使用したジャケット・デザイン、そしてA1に"リッカード・ボサ・ノヴァ"を選曲しているところがお気に入り♪

A-Seite:
Recado bossa nova*
Copacabana**
B-Seite:
Chega de Saudade**

Besetzung:
Klaus Doldinger (ts + arr.*)
Ingfried Hoffman (org. + arr.**)
Helmut Kandelberger (b)
Klaus Weiss + Rolf Ahrens (perc.)
Bert Helsing (g)
rec. 10. 12. 1962
posted by WEE-JAY at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960〜1969 Tenor Sax | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

KLAUS DOLDINGER Jazz Makers

klausdoldingerjazzmakers150x150.jpg(1963/Philips 423 465 PE/Holland) 7"EP

クラウス・ドルディンガーはドイツのテナー奏者で、確か国内盤でこれよりもう少し後の時期のアルバムが少なくとも一枚はCD化されていた記憶があります。ジャケットのロー・アングル・ショットのかっこ良さに魅かれて入手したピアノではなくオルガンのワン・ホーン・カルテットなんですが、驚くべき事に音が'63年の録音と思えないほどクリアです。昔の7"ってみんなこんなに音がいいんでしょうか? B面曲はドルディンガーのオリジナル・チューンで、テナー&ベースが導入部を受け持ちタイトル通りブルージーな仕上がりかと思わせておいて、中盤テンポ・アップし、バックがオルガン・トリオということもあって相当グルーヴィな感じになります♪ ドラマーは澤野商会からのピアノ・トリオ・アルバムも出たクラウス・ヴァイスです。

Side 1:
Dlilah

Side 2:
Blues for George

Klaus Doldinger - tenor sax
Ingfried Hoffmann - organ
Helmut Kandelberger - bass
Klaus Weiss - drums
Recording date: 28-1-1963 at Hamburg
Producer: Siegfried E. Loch
posted by WEE-JAY at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960〜1969 Tenor Sax | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

HORST JANKOWSKY TRIO Jazztime Stuttgart

horstjankowskytrioyougotomyhead2.jpghorstjankowskytrioyougotomyhead.jpg(1957/Bertelsmann Schallplattenring 66 019/45-7608/Germany) 7"EP

ドイツのピアノ・トリオの7"EP。まず録音がとても素晴らしいです。スローなスタンダードの@でスタートしこちらをうっとりさせて、Aはフォックストロットで、Bでようやくミディアム・スウィングとなり、ラストはヤンコウフスキーの自作曲で締めくくります。

side A
@ You Go To My Head
A Blue Moon

side B
@ There's A Small Hotel
A Basically Jake

Horst Jankowsky, p
Erich Witte, b
Hermann Mutschler, dr
posted by WEE-JAY at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950〜1959 Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。